カードローンと銀行の審査、難易度が高いのは?

一般的に、お金を貸してくれる金融業者には大きく分けて種類あります。一つは銀行、もう一つは消費者金融審査甘いのカードローンです。これらはそれぞれ特徴が異なっており、どちらがより優れているか、という事は一概には言えません。まずはそれぞれの特徴を踏まえ、自分に合ったものを選ぶのが良いでしょう。
最初に、銀行カードローンの特徴ですが、なんといっても「金利が低いこと」が特徴として挙げられるでしょう。もちろん銀行ごとに金利は異なりますが、一般的に消費者金融よりも金利が低く設定されています。また、自身に収入がない専業主婦であっても配偶者に安定した収入がある場合には、融資を受けることができる場合もあります。さらに、総量規制の対象外となるため、年収による上限額の制約を受けることがないことも大きな特徴の一つであると言えます。利用上限額も高めに設定されているため、幅広い用途に利用することもできます。しかし、その金利の低さ・上限額の高さと引き換えに、審査は厳しいものになっているため、なかなか審査を通過することができない方も中にはいらっしゃいます。
次に消費者金融のカードローンの場合ですが、こちらは銀行と比較すると、金利がやや高めに設定されています。ただし、消費者金融の強みはその「スピード」にあります。会社によって差はありますが、60分ほどで審査結果が出て、その後すぐに融資を受けることができる場合もあります。また、無利息期間を設けている業者もあるため、これを上手に利用することで、返済の際の利息をなくすことも可能です。銀行と比べた場合、基本的に利息は高めですが、審査には通り安い傾向があります。